やってみたかった「欄間」リノベ

私は欄間のある家で育った…わけではないはずなのですが、なぜか欄間が好きです。どうしてなのか、ちっともうまく説明できないけど、とにかく惹かれる(笑)和室に、開放感のある高窓。遊びに行った親戚の家か、旅館の思い出とでも結び付いているのかなあ。もし欄間があるような和室をリノべするなら、ぜひ残したいと思う様式です。

今はなかなか欄間のある部屋というのはないかもしれません。リノベ前の我が家も、かつて和室だった名残はあれど、欄間はありませんでした。

リノベ計画の際も欄間を組み込むつもりなど全くありませんでしたが、工事中の現場を見てふと考えたことはあります。

工事中。
IMG_2577.jpg
右側が洗面スペース(奥が浴室)、左側がキッチンです。上部の壁が無くて木枠だけの状態の時。

これを見て、いいなこれ…このままにできないかな、と思ったのです。工事途中で、ここにガラスでも入れられませんかねと、リノべ会社さんに聞いてみちゃおうかな?と。

でもここは元々壁があった場所なので強度的にどうなのと思ったし、何より今からここに欄間つくりたいって…工期の問題もあるだろうし、ガラスなんて高いに決まっている > <;

…ということでまあ欄間構想は妄想に留めておくことして、
IMG_3982.jpg
結局、ただの壁となりました。工事中に欄間構想が頭をよぎらなかったら特に写真にとるでもない箇所なのですが、こうして見ると工事中の開けっ広げな(笑)感じ、やっぱりなんだかよかったよなあと思う気持ちもあります。

今さらながら少し探してしまったら、
MUJI×UR 共同開発商品「アクリルらんま」というのを発見!
mujiur.jpg
画像お借りしました。

うわあ…これ!リノベ前に知っていたら…!でも減額!減額!と鼻息の荒かった当時、実際はこんな余裕なかったでしょう…
タラレバは尽きません^^;

さらに、Pinterestから気になる一枚。
grout-color_080716_04.jpg
画像お借りしました。

この記事のメインは場所によってレッド、グレー、グリーンと変わるカラフルな目地のセラミックタイル。もちろんそこにもすごく惹かれるのですが、モダンでシャープなデザインの中に親近感を覚えるのは、欄間のような部分があるだと思います。スペインのマドリッドのお部屋ですが、日本のリノべの施工事例にもありそうな雰囲気です。

照明も和風。
grout-color_080716_02.jpg
画像お借りしました。
日本を意識されてのことかわかりませんが、絶妙なミックス感だと思います^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する